« 秋晴れのもと、スリリングでタフな鎖場・岩稜コースは紅葉、展望も秀逸、霊峰八海山の屏風道~八ッ峰~入道岳~新開道周回コース(10月15日山行記録(2)) | トップページ | やっとゆっくり。 »

2016年11月29日 (火)

秋晴れのもと、スリリングでタフな鎖場・岩稜コースは紅葉、展望も秀逸、霊峰八海山の屏風道~八ッ峰~入道岳~新開道周回コース(10月15日山行記録(3))

10月15日(土)の八海山山行記録のパート3。八海山最高峰入道岳から、新開路を下山。

二合目登山口5:55-清滝(四合目)6:53-ノゾキの松(七合目)8:12-千本檜小屋9:18-地蔵岳9:39-不動岳9:46-白河岳10:05-釈迦岳10:09-摩利支岳10:18-大日岳10:26-11:02入道岳11:35-新開道分岐11:57-カッパン倉(七合目)13:10-稲荷清水(四合目)14:10-14:38二合目登山口

Img_7260a

    麓からの八海山全景、左端が薬師岳、中央部が八ッ峰、右端が入道岳

 

11時2分、八海山最高峰入道岳(丸ヶ岳)1778m到着。少し時間的に余裕ができた。その後ぞくぞくと人は増え、山頂はけっこう賑やかに。きまま仙人も腰を下ろして、おにぎりとバナナで腹ごしらえ。

Img_7195a

    入道岳(丸ヶ岳)山頂、八ッ峰よりも広くて展望抜群

入道岳山頂からは中ノ岳に続く稜線が一望できる。ただ、一度大きく下っているので、道が整備されていたとしてもかなりタフなコースに思える。

Img_7192a

    中ノ岳への雄大な稜線、タフそうだが魅力的

越後駒ヶ岳から中ノ岳、そしてこの八海山へと続く稜線は、迫力がある。稜線から覗いているのは、やはり荒沢岳のようだ。中ノ岳から右手に追っていくと、特徴的なピークは尾瀬の燧岳だろう。とすると、その右手は平ヶ岳か。そこからが、わかりにくかったが至仏山、武尊山、巻機山などは確認できた。いや~最高。天気が良すぎて、顔が日焼けしている感じだ。

Img_7201a

     駒ヶ岳(左)と中ノ岳、こちらの稜線は楽しげに見えるが、、

Img_7196a

   駒ヶ岳、中ノ岳の間には荒沢岳の尖頂が顔を出している

Img_7203a

   左奥に燧岳、中央は平ヶ岳のなだらかな山頂

Img_7204a

   右奥がもうひとつの尾瀬の名峰 至仏山

Img_7205a

           奥には武尊山も

Img_7206a

      巻機山のなだらかな山頂部

11時35分、山頂を後にする。アクシデントがない限り、時間的には問題なくなってきた。ケガをしないようにゆっくり、しっかり歩を進める。左足首の不安から、今回もやっぱり下山が一番気を使った。

Img_7215a

    岸壁の上の細いスリリングな登山道

Img_7217a

       入道岳山頂直下からの八ッ峰

登ってくる人が多く、細い登山道なので、待つことが増える。11時57分、迂回路の分岐まで降りてきた。と、大日岳の下りには多くの人が列をなして待っている。渋滞が始まっているのだ。あの様子だと、10分とかではきかないだろうな。渋滞の始まる前に通過できて、ラッキーだった。屏風道のペースもさることながら、薬師岳をパスしたのは大正解だったかも。

Img_7218a

      大日岳の手前のコルで下山道分岐

Img_7219a

   大日岳の下り、かなり渋滞している

ここから梯子を使ってしばらく急な下りを降りていく。前向きで降りるのもおりにくいし、後ろ向きでも降りにくい。道も狭い。下りとはいえ、きまま仙人の苦手な道だ。10分ほど降りると、迂回路と新開道の分岐に出た。ここで新開道を降りる人の間で、奇妙な道の譲り合い。みんなお先に、お先にといって後ろから行こうとする。

Img_7220a

       梯子の急坂を下る

分岐からもしばらくは気が抜けない。鎖やロープの箇所もあるが、そう多くはない。ただ、そこそこ急なうえに滑りやすいところが多い。足首に不安のあるきまま仙人は、慎重にゆっくり降りて行った。このあたりも紅葉はきれいなのだが、ちょっとまだ早い。暑さで汗びっしょりに。

Img_7224a

     このあたり青空に色づいた木々が映える

Img_7226a

     紅葉に、視界の開けた尾根、ただ暑い

15分強くだって、12時24分 九合目着。取りあえず、気の抜けない危険部分は終わったのでひと安心。とはいえ、きまま仙人にとっては、下りはどこも気が抜けない。ここでストック(W)を出す。やはり足首やひざにとっては、ストックは有効。
また、この九合目は八ッ峰のビュースポット。迫力ある八ッ峰の見納めか。

Img_7229a

      八ッ峰の鋸状の岩峰たち

Img_7230a

    ここが大日岳? 多くの人が見える

Img_7238a

           最高峰 入道岳を見上げる

Img_7241a

            左に八ッ峰、右に入道岳

Img_7243a

    こう見ると、どこが何岳なのか、今ひとつよくわからない

ここからは黙々と下る。ところどころ滑りやすいところがあるのが難点。一度滑って派手に尻餅。ズボンのお尻の右後ろ部分が泥だらけ? やっぱり、疲労で足が与太ってきたかなぁ。

何人か、後ろから来た人に追い越してもらう。ちなみに新開道の(エアリアの)コースタイムは、迂回路の分岐から二合目まで4時間10分。これをきまま仙人は、2時間31分で歩いている。かなりコースタイムよりも早い。にもかかわらず、この間追い越した登山者実質ゼロ(追い越されてから再度追い越した人はいる)。追い越された登山者、ん~10人くらいはいただろうか。天候条件はよかったとはいえ、このコースタイムは何? 昭文社さんは安全サイドというのかもしれないが、こんなに実情に合わないコースタイムを書かれると、かえって計画が立てにくい。

後日談だが、きまま仙人は古い1992年のエアリアマップも持っていた。見てみると、面白いことに、まだ屏風道に下りのコースタイムが記入されている(当時は下りも通れたということ)。さらに登りのコースタイムは4時間で、2014年のものよりもちょうど1時間短い。

さて、話を戻そう。後半は暑さの中、黙々と歩いた。地図にカッパン倉と書かれた七合目を13時10分通過。樹林帯に入り13時34分、稲荷清水(四合目)到着。登りの三合目と同じようにお稲荷さんがある。驚いたのは、真新しい油揚げがお供えしてあった。おそらく今日だと思われる。こんなところのお稲荷さんにお供えしている人がいるんだ。

Img_7248a

     稲荷清水、真新しい油揚げがお供えしてある

また、ここは水場でもある。休憩していた先客は、水を汲みに行ったそうで、1,2分のところの沢のようだ。迷ったが、水は何とか持ちそうだったし、余計なエネルギーを使わない方を選択。チョコレートを口に入れて、最後の一本に備える。

そこからは特に問題なし。14時10分、三合目の石標を過ごし、林道のような広い道に出たら、少しして登山口の駐車場だ。14時38分、時間的には余裕で無事駐車場着。ふぅ~いい山行だった。

Img_7252aImg_7253a

     何の花???            最後は緩やかに、このあと林道

帰路六日町温泉で汗を流して帰宅。先週とは違い、翌日も休みなので、少し気が楽。

スリリングな鎖場や岩峰と大展望、まだ少し速いとはいえきれいな紅葉。大満足の秋の一日でした。

おしまい。

 

|

« 秋晴れのもと、スリリングでタフな鎖場・岩稜コースは紅葉、展望も秀逸、霊峰八海山の屏風道~八ッ峰~入道岳~新開道周回コース(10月15日山行記録(2)) | トップページ | やっとゆっくり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れのもと、スリリングでタフな鎖場・岩稜コースは紅葉、展望も秀逸、霊峰八海山の屏風道~八ッ峰~入道岳~新開道周回コース(10月15日山行記録(3)):

« 秋晴れのもと、スリリングでタフな鎖場・岩稜コースは紅葉、展望も秀逸、霊峰八海山の屏風道~八ッ峰~入道岳~新開道周回コース(10月15日山行記録(2)) | トップページ | やっとゆっくり。 »