« クレジットカードデータが盗まれた? | トップページ | 3連休も終わってしまった。。。 »

2016年7月 9日 (土)

「美の祝典Ⅲ ―江戸絵画の華やぎ」展

今日は雨だったので、ジョグはパス。出光美術館に「美の祝典Ⅲ ―江戸絵画の華やぎ」展を見にいってきた。琳派の作品も多く、なかなか楽しめました。

Binosyukutenn_2

 

この展覧会は出光美術館開館50周年記念ということで、Ⅰ.やまと絵の四季、Ⅱ.水墨の壮美に続く第三弾。(ちなみにきまま仙人はⅠ、Ⅱは見ていない)会期が18日までなので、次週3連休ということを考えると、この週末行っておきたかった。雨の中、思ったよりも多くの人でにぎわっていた。

お目当ては、昨年秋の「琳派 京を彩る」展で見られなかった酒井抱一の風神雷神図。(きまま仙人が訪れた時は、抱一のは夏秋草図屏風で、3つの風神雷神図そろい踏みではなかった)

やっぱり並べてみるのと比べると比較しにくいですが、色鮮やかでちょっとユーモラスな風神雷神でした。でも痛みが気になる、鮮やかさがないといっても、迫力や動きを感じる構図は宗達の作品がやっぱり一番ですね。それだけ完成されているというか、違いを出してさらに上を行くのは難しいというか。

Binosyukutenn_02

その他にも抱一の八ッ橋図屏風や紅白梅図屏風、十二ヵ月花鳥図貼付屏風、鈴木其一の四季花木図屏風、伝 尾形光琳の禊図屏風など、琳派好きには楽しい屏風が多かったです。

光琳の蹴鞠布袋図も面白かったですね。蒔絵・螺鈿の硯箱や光悦・宗達コラボの和歌巻も琳派らしい。

そうそう目玉の国宝「伴大納言絵巻」も、平安時代のものとは思えないくらい鮮やかでした。洛中洛外図や祇園祭礼図、江戸名所図などの屏風も細かいところを見ていると飽きないです。

展示点数は多くないですが、見どころの多い展覧会でした。

 

|

« クレジットカードデータが盗まれた? | トップページ | 3連休も終わってしまった。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205843/63892183

この記事へのトラックバック一覧です: 「美の祝典Ⅲ ―江戸絵画の華やぎ」展:

« クレジットカードデータが盗まれた? | トップページ | 3連休も終わってしまった。。。 »