« 日本の方が暑い | トップページ | クレジットカードデータが盗まれた? »

2016年7月 5日 (火)

土漠の花 月村了衛著

こういう戦闘物はあまり読まないのだが、評判がよかったので、内容をろくに知らずに購入。話としては、けっして新しいわけでもないが、娯楽物としては非常に面白く読めた。

1620_tobakunohana

 

まず、序盤に何人もの人があっけなく死んでいく。この展開に少々びっくり。主人公たちはアスキラを除いて日本の自衛隊。防衛の戦闘以外は禁止されている。しかも追ってから逃げるために任務エリア外へ。

その後、単に逃げるだけでなく、敵を迎え撃つところがちょっとユニーク。自衛隊なのに、、、でもこのゴーストタウンでの戦闘は、一番の山場で、エンターテインメントとしては展開上なくてはならないだろう。ちょっとだけ違和感があったが、まぁこの手の小説で細かいことは関係ないかな。自衛隊の海外での実戦ということで、政治的要素も感じられ無くもないが、こだわらなければ、まったく気にせずに読める。

戦闘シーンはなかなか読みごたえがあった。スピード感やスリリングさもある。ただ、途中からのストーリー展開はダイ・ハードか漫画か? 都合良過ぎる展開も多い。

あと新開と友永、由利と梶谷らの人間関係も小気味いい絡め方。読後感も気持ちいい。

映画化の話がでそうな、映像向けの娯楽小説だと思う。

 

|

« 日本の方が暑い | トップページ | クレジットカードデータが盗まれた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205843/63874334

この記事へのトラックバック一覧です: 土漠の花 月村了衛著:

« 日本の方が暑い | トップページ | クレジットカードデータが盗まれた? »