« スモーキーフレーバー | トップページ | ダウン »

2015年3月 5日 (木)

神様からひと言 荻原浩著

ほのぼのとした、心温まるいいお話でした。
軽く読めて、前向きになれる一冊です。

1505_kamisamakara

 

若干現実離れというか、そんな会社あるかぁという設定もあるものの、にやにやしながら楽しくさらっと読めるサラリーマン小説だった。
かっとなって失言してしまう主人公の凉平は、転職早々一発やらかし、左遷されてお客様相談室へ。そこでクレーム処理に奔走する中、立ち直り、前向きに、、、最後は会社をもいい方向に変えていくというもの。

明石町のクレーマー?の正体や、やくざ撃退など、なかなか痛快で楽しめる。

ライトなエンターテインメントという意味では本当にいい作品だ。特に別れた彼女リンコとのカラミは、主ストーリーと並行して進みながら、この小説を味わい深いものにしている。読後感もすごくいいものにしている。

一方で各登場人物のキャラを立てようとし過ぎて、きまま仙人にはちょっとマンガ的あるいはコメディ的に感じられすぎたかな。

|

« スモーキーフレーバー | トップページ | ダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様からひと言 荻原浩著:

« スモーキーフレーバー | トップページ | ダウン »