« ATMOS入院 | トップページ | あと1日 »

2013年12月25日 (水)

時計コレクション (89) 御日時計(江戸時代の日時計(レプリカ))

先日、東向島のセイコーミュージアムで買ってきた日時計を紹介しよう。わずか360円。安かったので記念に買ってみたもの。

89_kamihidokei_01  

 

 下のレプリカ

 

 

 

 

89_kamihidokei_08  

 

 おそらくこれが
 オリジナル

 
 

 

この手の日時計は、江戸時代の旅の案内書などに付けられるなど、かなりポピュラーだったようだ。購入したものはA4の大きさがあるが、きまま仙人はもっと小さいものを見たことがある。当時の現物が同じサイズだったとすると、この手の日時計にしては大きな方ではないだろうか。

この日時計は、太陽の高度を見る(影の長さを見る)タイプだ。今まで紹介したものでは、No.22のノモスの日時計や、No.66の日時計ペンダントと原理的には同じといっていい。(別のタイプとして影の位置を見るタイプがあるNo.10フォッシル サンダイアル参照)

北を知る必要がない、つまり方位磁石を持つ必要がないのが利点だ。一方で高度は季節によって異なるので、季節を合わせてやる必要がある。この時計では大雑把に月または24節気(半分の12にまとめられている)から該当するものを選んで使うようになっている。基本的に夏至と冬至を折り返すイメージ(たとえば4月と6月、3月と7月は同じ)なので、実用的には半分でいいのだが、この日時計は12月分きちんと書かれている。下の同タイプのものは、4月と6月が同じ列なのがわかるだろう。

89_kamihidokei_03_2

 

 月or24節気で
 選ぶ
 

 

 

 

89_kamihidokei_09

 

 

 四・六月、三・七月が
 同じ列になっている

 

 

 

 

目盛は江戸期のものの複製なので、不定時法の目盛になっている。"六つ"が日の出日の入りだから、原理的には影長が∞。"九つ"が南中で一番影が短くなる。間に"四つ八つ"、"五つ七つ"がある。その間の目盛の数や、目盛の●の意味はよくわからない。(あまり意味がないような気がする。) 不定時法なので、時間は六(日の出開始時)、五、四、九(正午)、八、七、六(日の入終了時)

使い方は、該当の月(節気)の指時針(ノーモン:gnomon)にあたる紙を直角に立て、影がその列上に真っ直ぐ重なる方向に置く。写真のような感じだ。朝、"七つ"少し前という時刻だ。

89_kamihidokei_06

 

 

 12月のところを
 立てて影を見る
 

 

 

89_kamihidokei_02

 

 

 影が線と重なる
 ように置く
 

 

 

右上の「御日時計」のあとは、簡単な使い方が書かれているようだ。左上に現代文で書いてくれている。興味深いのは、左下の発行者と思われる記述。「神田御成道 御時計師 ●屋伊三郎」(●は該当する漢字無し)と書かれている。神田御成道の時計師、伊三郎が作成したのだろうが、ネットで調べても●屋伊三郎については、何もわからなかった。

89_kamihidokei_05

89_kamihidokei_07

 

 

 

 

実際どのくらい役に立っていたのだろう? 使っているところを想像するのも面白いものだ。

89_kamihidokei_04

|

« ATMOS入院 | トップページ | あと1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205843/58808803

この記事へのトラックバック一覧です: 時計コレクション (89) 御日時計(江戸時代の日時計(レプリカ)):

« ATMOS入院 | トップページ | あと1日 »