« ローカル度満載!バンコク郊外メークローン、アムパワーの旅 その4 | トップページ | Panasonic GX7発表されましたね »

2013年7月31日 (水)

バンコク郊外の旅 番外編-ターチャロム時計塔

今回のバンコク出張も仕事はあと1日。重いのは今日で終わったので、まぁほっとしているといえばほっとしているかな。満足な結果が得られたかというと、、、60点くらいかな。

今日は夕方、前の会社の悪友から電話。何と飲み会の最中で酔っぱらってかけてきたのだ。きまま仙人も懐かしい顔ぶれがいたようで、まぁ酒の肴にされたという感じ。でも懐かしい声が聴けて、ちょっとうれしかったかな。

で、今日はバンコク郊外メークローン、アムパワーの旅 番外編として、途中寄り道したターチャロム時計塔を紹介します。

Img_3108a  

 

 

 

 

 

地図に時計塔とあれば、時計好きとしては見に行かないわけにはいかない。というわけで大した時計塔ではないですが、より道してきました。

このターチャロム時計塔は、バーンレーム駅から少し離れたところにあります。バンコクから電車に乗って約1時間で終点の漁港マハーチャイ。さらに渡し船に乗って対岸のターチャロムに渡る。ターチャロムの船着場からバーンレーム駅に向かう途中にちょっと寄り道したところにある。

ターチャロムは本当にただの田舎町。本当にのどかな感じがする。この道(下の写真)をまっすぐ行ったところのロータリーにある。

Img_3106a  

 ターチャロム

 
 

 

 

時計塔というからどんなものかと思ったら、何と時計はCITIZEN。しかも2段の三角屋根はいかにも日本的。2段というより”うだつ”のつもりか? 

Img_3107a  

 ロータリーの
 真ん中に建つ

 

 

 

以前チェンライで見た時計塔は、いかにもタイらしいきらびやかなものだったが、日本的どちらかというと地味な時計塔で、これはこれで面白かった。

Img_3109a  

 

 
 

 

 

普通の人なら絶対にわざわざ見に行ったりしないと思うが、時計好きにはこういうのを見るのもまた楽しいものだ。

|

« ローカル度満載!バンコク郊外メークローン、アムパワーの旅 その4 | トップページ | Panasonic GX7発表されましたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンコク郊外の旅 番外編-ターチャロム時計塔:

« ローカル度満載!バンコク郊外メークローン、アムパワーの旅 その4 | トップページ | Panasonic GX7発表されましたね »