« 東京湾華火祭 | トップページ | 観光地を外れると静かな花の山、乗鞍岳(7月28日山行記録(1)) »

2012年8月13日 (月)

男子バスケットボール決勝は好ゲームといえる?

ロンドンオリンピックも終わっちゃいましたね。ちょっとさびしいです。
今回は自身の夏休みと重なって山行やイベントがあったので、ちゃんと見れなかった競技も多く、あっという間に終わっちゃった感じです。

なかなかリアルタイムでコメントできなかったので、少々総括的に、、、

今回、個々には惜しい競技もありましたが、柔道以外は日本勢大健闘でしたね。金メダルこそ7つでしたが、メダル総数の過去最多更新など、十分に世界と戦ってくれました。今までのように柔道や女子レスリング中心でなく(むしろ柔道は惨敗)、いろんな競技で取ってくれたことが素晴らしいと思います。

ボクシングの村田選手と男子レスリングの米満選手の金メダルは、事前にはマスコミでも大きく取り上げられてなかった(きまま仙人が知らなかっただけ?)ので、もうびっくり。特にボクシングは銅メダルの清水選手と合わせて、新しい歴史を作ったといっていいのではないでしょうか。男子レスリングの復活もうれしいですね。フェンシングにしても今回は男子団体で銀と、北京の太田選手の銀から確実に引き継がれているものがあるように思います。あの残り2秒での同点劇は劇的でした。

あと印象に残るのが、卓球の女子団体の銀メダルと、女子バレーの銅メダル。五輪初、28年ぶりとこちらも大健闘。卓球は準決勝の初戦、愛ちゃんが石川選手が個人の3位決定戦で負けた相手に勝利したのがすばらしい。あの勝利が大きかったと思います。卓球も新しい道をつけられた大会になったのではと思います。女子バレーも組み合わせというか、番狂わせが有利に働いたとはいえ、銅メダルは素晴らしい。

水泳はコーチ陣や北島選手の作ってきた道が花咲いてきた感じがすごくしました。金メダルこそありませんでしたが、今やアメリカに迫るチーム力だと感じます。その結果が男女のメドレーリレーの結果ではないでしょうか。次は金を取れる選手の育成法ですね。

あとどうしても触れておきたいのが男子バスケットボール決勝。アメリカはコービーやレブロン・ジェームス、ケビン・デュラントなどなどNBAのスーパースター軍団。が、アメリカが連覇したとはいえ、内容的にはスペインの方がずっとバスケットらしくて好感が持てた。アメリカはインサイドプレーヤーがいなくて(選考の問題?)、オフェンスとしてはアウトサイドシュートか、強引なワンオンワンのみ。多彩なパス回しやインサイドのパワープレーなどは見ていてスペインの方が面白かった。それでも3ポイントシュートを決めてくる得点力はさすがにスーパースター達ではあるけど。勝ったのは勝ったけど、勝ち方も得点差も物足らない。ファールがやたら多かったのもどうかなぁ。スペイン、本当に惜しかった。

まだまだ書きたいことはたくさんあるけど、TVなどでも言われていることが大半なので、このあたりでやめておきます。

気が早いですが、4年後も楽しみにしたいと思います。

|

« 東京湾華火祭 | トップページ | 観光地を外れると静かな花の山、乗鞍岳(7月28日山行記録(1)) »

コメント

競技も素晴らしかったが、番外編にも少し触れて欲しい。サッカー日韓戦終了直後のスタンドの光景。グラウンド内ではいろんなことが行われていた間、日本人サポーターは自分たちのエリア周辺のゴミを黙々と清掃していた。その姿に外国人記者たちがすごく感銘したとの記事を見た。負けたことの腹いせにイスを壊したりモノを投げたりの暴挙に出ることもなく、ただ冷静に清掃する日本人サポーターの姿こそ私たち日本人が誇るべき美徳ではないでしょうか? ほんと誇らしい!  まつあき。

投稿: | 2012年8月14日 (火) 12時48分

そんなことあったの?
すんません、見てませんでした。
他国に比べて我々が誇るべき美徳は確かにあるね。
それをひけらかさないところもいいとこだと思うけど。

投稿: きまま仙人 | 2012年8月14日 (火) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子バスケットボール決勝は好ゲームといえる?:

« 東京湾華火祭 | トップページ | 観光地を外れると静かな花の山、乗鞍岳(7月28日山行記録(1)) »