« 風の谷のナウシカ 全7巻 宮崎駿 (コミック版) | トップページ | 秋の味覚 »

2011年8月24日 (水)

時計コレクション (73) Citizen Homer 復刻版

今日紹介するのは、Citizen Homer 復刻版。Homerというとセイコーのクラウンと同じような、シチズンの歴史的モデル。シチズンの70周年を記念して限定復刻されたものだ。

73_citizenhomer_01_s73_citizenhomer_02_s

 

 

 

 

 

シチズンは、1918年に尚工舎として創業。1930年にシチズンという社名に改名。この時計は2000年にシチズンの70周年記念として、製作・販売されました。ホーマーはセイコーで言うとクラウンのような歴史的モデル。70周年復刻モデルとして、発売された1960年にちなんで、1960本限定で作られました。使う機会は無いので、未使用品です。

73_citizenhomer_04

 

 

 

 

黒文字盤やシチズンのキャラクターCちゃんの絵が文字盤に入ったものもあります。(下の写真参照、きまま仙人の所有物ではありません) 搭載されているのはCal.6630というムーブメント。トンボ本によるとD→0200・0201と記されているし、写真で見ると当時の方がはるかにきれいなムーブが入っている。Cal.6630を見ると、おそらく最近の小型の自動巻きムーブから自動巻き機構を取り除いたもののように思われる。風防はプラスチックからクリスタルガラスに変更され、防水パッキンも強化されているとのことです。デザインは当時あったものかどうか不明ですが、シンプルですっきりした3針です。こういうシンプルさは好感が持てますね。

73_citizenhomer_07

 

 Cちゃんのモデル

 

 

きまま仙人はオリジナルのホーマーは所有していませんが、国鉄のオフィシャルウオッチとして採用されるなど、シチズンの顔として一時代を築いたモデルです。組立の機械化を想定して設計された腕時計という説明がされています。デザイン的にもレクタンギュラー(四角)などもあり、バリエーションも多かったようです。復刻版の価格は29,400円(税込)。まぁ普通の3針普及機の時計で、ムーブメントも普通(特に磨いたりされていない)なので、かわいい価格設定です。

73_citizenhomer_06

 

 Cal.6630 もう少しきれいなものにしてほしいものだ

 

 

ムーブメントはシチズンの社名が刻印されていますが、香港での組立てとも記されています。17石、ケースよりもかなり小さいムーブ径なのが印象的です。

|

« 風の谷のナウシカ 全7巻 宮崎駿 (コミック版) | トップページ | 秋の味覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計コレクション (73) Citizen Homer 復刻版:

« 風の谷のナウシカ 全7巻 宮崎駿 (コミック版) | トップページ | 秋の味覚 »