« これから? | トップページ | 時計コレクション、連載3年目に向けて »

2011年1月 5日 (水)

最後の忠臣蔵

元日から「最後の忠臣蔵」を観に行ったことは元日のブログでも書いた。

ちょっと感想を書いておきたいと思うが、ん~評価は難しい。

ただわかっていても泣いてしまった。間違いなく泣ける映画だ。

このお話は、忠臣蔵の討入で生き残った人、特に2人(役所広司と佐藤浩市)の物語。役所演じる「孫左衛門」は討入前夜に秘密の命を受け逐電、佐藤演じる「吉右衛門」は討入の生き証人として事実を伝え、残された家族や元藩士の支援をするため生きることを命じられた。討入自体とはほとんど関係ない別の話。

どこが泣けるかとかは、ネタばらし的になるので、このブログでは伏せておこう。ただほろっとさせる日本人好みのストーリーになっている。また桜庭ななみがかわいくて凛としていていい。ここは絶賛。

では、なぜ評価が難しいのか? ひとつは設定が嘘だろう?という感じ。これを受け入れられたら問題ないのかも。裏を取って調べたわけではないが、おそらくまったく創作のお話だろう。大石内蔵助がそんなことをするだろうか?そんな指示を役所演じる孫左衛門にするだろうか?と思わずにいられない。 もうひとつ、人形浄瑠璃が何度となく出てくるのだが、この意味がまったくわからなかった。心中もの(おそらくは曽根崎心中?)のシーンが何度も出てくるのだが、映画のストーリーとの関係を暗示するもまったく理解不能。きまま仙人が無知なだけ?

あと役所演じる主役の「孫左衛門」の武士道は理解できるし、ストーリーとしてはこうしかないかなぁとも思う。が、現代には共感が得られにくい?と思ってしまう。それに内蔵助の命はあのイベントで終わりなのだろうか? 真の武士道を考えたときに、あのラストはちょっと気にかかった。もっとすっきりしたラストにならないかな?とも思う。

まぁ、それでもわかっていても泣いてしまうという映画だ。辛口の感想になってしまったが、もちろん十分面白く楽しめる。お正月に見に行くには悪くない一本だった。

|

« これから? | トップページ | 時計コレクション、連載3年目に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵:

« これから? | トップページ | 時計コレクション、連載3年目に向けて »