« JogBoy | トップページ | 何となくお疲れ。。。 »

2010年10月20日 (水)

時計コレクション (65) Rolex Precision Ladies (Cal.1400)

今回紹介するのは、ロレックスのレディースだ。このコーナーのNo.33で紹介したオメガのシーマスター(Omega Seamaster)と一緒に、韓国の南大門市場の古時計屋(一応アンティークショップ?)で買い求めたものだ。きまま仙人と韓国とのかかわりなどは、No.33でも書いているので、そちらを参照いただきたい。No.33に「実はもう一本. . .」と書いたのが今日紹介する時計だ。

65_rolexprecisionladies_01

65_rolexprecisionladies_02

 

 

 

 

 

 

当初シーマスターだけを値切って買おうと思っていたのだが、思うように安くならず、抱き合わせで交渉して安くしてもらった。きまま仙人は、さすがにレディースにはそれほど興味があるわけではないのだが、旅先ということもあり、誰かにあげるか安く譲ってもいいかな?くらいの気持ちだった。結果、未だに手元にあるのだが、客観的に考えると、値引きはしてもらったとはいえ、無駄な買い物だった。

さて、時計を紹介しよう。時計本体は間違いなく、本物のロレックスだ。製造年については、シリアルNo.から1971年か72年製。裏蓋には薄くなってはいるが、王冠マークも残っている。ROLEX PRECISION、Ref. No.はよくわからないが、18Kのケース内側には 1583 J2644 と刻印されている。

65_rolexprecisionladies_04

 

 

 うっすらと王冠マーク

 

 

65_rolexprecisionladies_05

 

 18Kのケース

 

 

レディースなので非常に小さい約13mmのムーブメント(Cal.1400)が使われている。2針で秒針はない。21,600振動/時(6振動/秒)、18石。写真ではわかりにくいが、かわいいテンプにはチラネジが付いている。横長楕円形というかクッション形というか微妙な形のケースに、裏蓋にはめ込まれるような形で丸型のムーブが固定される。ムーブもなかなか状態はいい。ケースは何と18KPG(裏側に刻印あり)。抱き合わせで買ってもいいかな、と思ってしまったのは、ムーブが比較的綺麗なロレックスであったことと、18Kだったことは大きい。

65_rolexprecisionladies_06

    

 きれいなCal.1400

 

 

残念なのは、ブレスがケース固定の方式で、簡単に交換することができない。時計とブレスは一見感じが合っているように見えるが、おそらくは後日切断・付け替えられているものと思われる。バックルにも王冠マークが付いているものの、ロレックスの本物である可能性は低いと見ている。理由はよく見るとちゃちい感じがすること、購入した南大門市場の古時計屋自体が、ブレスは本物ではない可能性を認めて、値引きに応じたことなどだ。実際に鑑定をしてもらったことはないが、する必要もないかな?とは思っている。

65_rolexprecisionladies_03

  

 

 年代相応の文字盤

 

 

まぁ当然ながら着けることもないし、出してみることすら最近はまったくないし、、、ん~誰かにプレゼントするか!

|

« JogBoy | トップページ | 何となくお疲れ。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計コレクション (65) Rolex Precision Ladies (Cal.1400):

« JogBoy | トップページ | 何となくお疲れ。。。 »