« 時計コレクション (番外14) 大名時計博物館 | トップページ | 丸ごと玉ねぎのスープ仕立て »

2010年6月30日 (水)

PK負け、、、ん~残念

昨晩はPK負けが決まるまでTV見てました。チャンスがあったし、パラグアイもドイツやアルゼンチンなどに比べると歯が立たないようなチームではなかった。ん~本当に残念だ。

本当に120分間よくしのいだと思う。少ないながらもチャンスも作った。PKは精神力とはいえ、運もある。もちろん駒野はせめられないし、がんばったという意味では本当にがんばった。特にディフェンスに関しては結果的に0に押さえたのだから申し分ない。選手も力を出し切ったという満足感もあるだろう。いくら結果は結果だとはいえ、そこを否定するつもりはまったくない。

が、気に入らなかったのは今朝の報道だ。どのチャンネルもべた褒めしすぎ。成長だ団結だというような美談をことさら作り上げ、岡田ジャパンよ感動をありがとうというようなトーン。何なんだろうと思った。家族や地元のコメントなども多すぎて好感が持てない。なくせとは言わないが最低限で十分だ。どうしてもっと客観的な分析を含んだ報道、善戦でよしとするのではない高いレベルでのコメントがないのだろう?

相手も状況も違うとはいえ、デンマーク戦と比べると明らかに課題の見えたゲームだったし、そこまで褒めちぎるほどの内容ではなかったと思う。結局得点が取れなかったし、日本が出ていなければそれほど面白い試合でもなかった。それなのに異様な褒めすぎ。

きまま仙人が客観的に見ていて、まず課題に思ったのは中盤のパスがつながらないことが多かったこと。たしかにパラグアイの詰めはよかったかもしれないが、もう少しつながらないと可能性のある攻撃の回数が増えないし、守る時間が長くなって疲労も溜まる。各個人のキープ力、ダイレクトパスなどによるつなぎ、ボールを持っていないプレーヤーのフォローなど、明らかにデンマーク戦より見劣りしたし、ベスト8や4を目指すなら個々のレベルをあげないといけない点だろう。。。4戦目という疲労のせいなのだろうか?

特に敵陣で足元のパスがもう少しピシッピシッとつながれば、パラグアイも怖かっただろうと思うし、本田がフリーキックでゴールを狙える位置でのファウルも増えたのではないだろうか? 相手も研究していたと思うが、直接狙えそうないい位置でのフリーキックはほとんどなかった。相手の方が大きいので、もっと足元のパスを使って欲しかった。結果的にゴールを奪えなかった。これは誰が見ても昨日の敗因だと思う。

もうひとついうと危ない位置でボールを取られてヒヤッとすることが多かった。(パラグアイも) 結果的に無失点だったが、そういうミスは命取りになりかねない。結果オーライは結果オーライだ。

よかった点は何と言ってもディフェンス。ゴール前で集中を切らすことはなかったし、崩されたこともほとんど無かった。川島のファインセーブもあった。もちろん、パラグアイの攻撃もそれほど強力ではなかった気がする。中澤、闘莉王、阿部、長友、長谷部らをはじめ全員本当に身体を張って守っていた。本田までも。

もうひとつ本田のセンスはやっぱりすばらしいと思った。昨日はなかなか決定期こそ作れなかったが、切れのあるフェイントやノールックパスなど得点の可能性があるとすれば、やはり本田からか?と思って見ていた。枠を捉えられなかったが、センターから放った本田のシュート、あれが入っていれば、、、という気がする。あのシュートと松井のミドルシュートくらいしか本当に入りそうなシュートはなかったような。。。

最後に今回のWカップで評価したいのは岡田監督の決断。本田のFW起用は、それほど驚かない選択肢だった気もするが、岡崎、中村俊輔を外したスタートメンバーは大英断だと思う。大久保や阿部の使い方も見事だった。あれで結果がだめだったら今頃さんざん叩かれていただろうなぁ。一次リーグの戦い方は完璧だったといっていいと思う。それだけに昨日も勝って欲しかったなぁ~

まぁ日本代表のWカップは終わったが、オランダ-ブラジルやドイツ-アルゼンチンなど楽しみなカードはこれからだ。録画してゆっくり見ようとは思うが。きまま仙人はオランダとスペイン、まだ優勝のないこの2国に期待したい。

|

« 時計コレクション (番外14) 大名時計博物館 | トップページ | 丸ごと玉ねぎのスープ仕立て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PK負け、、、ん~残念:

« 時計コレクション (番外14) 大名時計博物館 | トップページ | 丸ごと玉ねぎのスープ仕立て »