« 孤宿の人 | トップページ | 荒川マラソンまでもう2週間 »

2010年3月 6日 (土)

中学校で特別講師してきました。

昨日は富士山も見え、上着のいらない春のような陽気だったのに、今日はまた雨ですね。最近天気が不安定。寒かったり、暖かかったり。

さて、昨日は都内の某中学校で特別講師として話をしてきました。すごく新鮮でした。

キャリア教育授業というもので、今回10名の社会人が依頼を受け、中学一年生を対象に、どういう仕事をしているのか?仕事の醍醐味は何か? 中学・高校時代に何をしていたか?今にどうつながっているか? などについて話すというものでした。基本的にボランティアの方々が先生と協力して運営し、講師も手当てはもちろん交通費もでないというもの。

きまま仙人が中学生の頃は、こんな授業はなかったですし、最近は中学生と接することもほとんどない。戸惑いもありましたが、とても新鮮でした。この話は、少しゆっくり振り返って改めて紹介したいと思います。仙人はエンジニアとして呼ばれたのですが、デザイナー、ラジオパーソナリティ、臨床心理士、営業、何と格闘家の方までさまざま。仙人自身が、他の穂との話を聞きたかったくらいです。(残念ながら同時に10部屋×2回行ったので聞くことができず。)

帰りに数名の講師の方、スタッフの方と喫茶店で話を。いやこういう企画に参加される方は、教育や社会貢献などへの関心が高い人ばかりで、本当にいい交流をさせてもらえました。話が盛り上がって、男性陣はさらにガソリンを入れながら延長戦。帰りはJRの人身事故の不通もあり、結局自宅にたどり着いたのは、日付が変わってしまっていました。でも楽しかったです。おかげで今朝はぐったり。

その時話をしていて、みんなで驚いた話をひとつだけ。人それぞれ違った感性、能力があるという話で、昔から本が大好きだったライターの方は、本を読んでいると絵がどんどん浮かんできたり、音楽が聞こえてくるという。一方、デザイナーの人は映画の字幕を読みながら見ると昔はストーリーが理解できなかったと。逆に絵を見ないようにすると(映画ではない?)絵が浮かぶのだそうだ。特にラジオやTVを音だけ聞いても絵がわかるという。(あとで画面を見たらイメージが場合も多いらしいが、、、) 同じように話しに上ったのは、音楽のセンスのある人は音を単音でなく和音で聞ける。一度聞いたメロディをピアノなら両手で弾ける。などなど。

仙人も本は好きだが、絵が浮かぶことはなくはないが少ない。どちらかというとストーリーを中心に追っている。だから以前の感想などを読んでも、論理的に違和感のあるような点が気になったりしている。一方で改めてコーディネーターの方から指摘されたのだが、仙人の場合(数学系の人)は数学的な感性は普通の人に比べると高いようだ。英語は読んでいてもなかなか理解できないことが多いのに、数字・数式ならすっと入ってくることが多い。たとえば多次元、3次元せいぜい時間軸を加えた4次元くらいまでは普通の人はイメージできるが、5次元6次元となるとピンとこないようだ。数学系思考の人なら、実世界と対応付いていなくても論理的に対応付いているので、普通に拡張してイメージできる。あるいは、自然法則や数学的定理などの美しさがビビットきたり、アナラジー(analogy:類推・類似)が感覚的に理解できたり。。。

つまり人それぞれ個性というか、能力が違うということ。そういうのに気づかせてあげて、伸ばしてあげられるような教育ができればいいね。ということかな。

明日から一週間またバンコクへ出張です。今回は(も?)ばたばたです。

|

« 孤宿の人 | トップページ | 荒川マラソンまでもう2週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学校で特別講師してきました。:

» ピアノ講師求人募集転職 [ピアノ講師求人募集転職]
ピアノ講師求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 16時34分

« 孤宿の人 | トップページ | 荒川マラソンまでもう2週間 »