« ツタンカーメン王の両親 | トップページ | コララインとボタンの魔女 »

2010年2月20日 (土)

ジョギング日和

朝は曇っていたものの、走り始めると日が射し、気持ちよく走れた。。。。天気は、、、

というのも、やはり足の違和感というか痛みはある。さすがに日常生活は気にならないくらいになっているが、走ると右足はまだ少し痛い。どうしてもストライドが取りにくい。また右足をかばいながら走ってしまうので、左足に不安がかかるというか、アンバランスなはしりになりがちだ。

予定では白髭橋20キロのつもりだったが、またひどくなるのでは?という恐れもあり、予定を変更して吾妻橋でUターン。途中トイレに駆け込んだこともあり、17キロ強で上がった。足の痛みもあるので、ペースはさほど気にしなかったが、まぁこんなものか。ただ15キロを越えたあたりから足が張ってきた感じが心配。やはり距離には不安が残る。15キロで張りを感じるとは、、、明らかな走りこみ量の不足。

今日は天気がいいので、洗濯とか終わったら、ちょっと出かけよう。。。

そうそう、高橋大輔選手、銅メダルおめでとう! 4回転は惜しかったけど、挑戦しての銅メダルは立派。トリノ以降の大怪我を乗り越えてのメダルだけにうれしいだろう。よく間に合ったと思う。織田、小塚両選手も入賞ということでがんばりましたね。不満なのは4回転を回避しての金メダルとなった米国のエバン・ライサチェク選手。たしかにハイライトで見たがすばらしい演技だったし、フィギュアはジャンプだけではない。しかしスポーツである以上、より難易度の高い技に挑戦できる採点、成功させたときの高得点は当然ではないか? (もちろん安全性に問題がある危険なワザは別) そういう意味では、4回転を成功させたプルシェンコ選手が金でないのは残念だ。きまま仙人は2人の演技をフルで見ていないし、フィギュアのプロでもないので、採点に不満があるとはいえない。が、プルシェンコ選手(本当は4回転を成功させて高橋選手)に金メダルをあげたかった。

あと、高木選手は最下位とはこれも話題! 次がんばれ。 小平選手のメダルと0.08秒差の5位、がんばったんだけどメダルを取らせてあげたかった。1000mで0.08秒差なんて、本当にほんのちょっとの差。でも結果としてのその差は大きい。

|

« ツタンカーメン王の両親 | トップページ | コララインとボタンの魔女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョギング日和:

« ツタンカーメン王の両親 | トップページ | コララインとボタンの魔女 »