« 臓器移植法改正案 | トップページ | 大竹工房訪問の巻 その2 »

2009年6月21日 (日)

大竹工房訪問の巻 その1

昨日今日と信州安曇野の木工職人、大竹さんの大竹工房におじゃましてきました。大竹工房に泊めてもらうのは、16年少し前以来本当に久しぶりの2度目です。

Ootake01_2  

 

 

 

 

大竹さんは椅子など本当に木の温もりのあるいいものを作られています。作品や大竹さんの書いた本などの話やその他もろもろ書きたいこともあるのですが、今日は少々お疲れでもあるので、奥さまの家庭菜園のお話を少しだけ。

奥さまは本当に料理がお得意なんですが、何といってもかなりの食材が庭で取れた新鮮なものであること。ブロッコリ、カリフラワーやしそ春菊くらいなら、まぁ聞いたことはあるけど、びっくりしたのはまずズッキーニ。ズッキーニって、きゅうりみたいにぶらさがって生るのかと思ってたけど違うんですね。写真を見てください。横にというか茎と同じように突き出てるんですね。初めて知りました。もちろんとれたてのズッキーニは言うことなしです。今回は炒め物やてんぷらでたくさんいただきました。ホント美味しかったです。他にタラの芽、わらびなども。今頃タラの芽のてんぷらがいただけるとは。

Ootake02  

 

 ズッキーニ

 

 

あと今回は頂けなかったですが、枝豆や梅などいろいろ。中でも驚いたのが行者にんにく。写真を載せておきます。葉をこすって匂いを嗅ぐと、行者にんにくらしい独特の香りはしていました。パックの商品とかでしかなかなか食べられないので、よだれがでそう~

Ootake03  

 

 行者にんにく

 

 

都会のマンション暮らしはたしかに便利ですが、安曇野の生活は、都会ではできない本当に贅沢な生活だだなって思います。新鮮、無農薬なものを育てて食べる。ん~うらやましい。でも手入れも大変だと思うし、便利さなど犠牲にしていることもいろいろあるだろうし。うらやましいだけでは簡単に実現できない生活だ。

|

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 大竹工房訪問の巻 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大竹工房訪問の巻 その1:

» 簡単料理レシピの解説 [簡単料理レシピの解説]
簡単料理レシピを解説していきます! [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 00時10分

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 大竹工房訪問の巻 その2 »